スティード600に乗り換えたら、フレームにバックレストステーを取り付ける穴が無く、自ら電動ドリルで穴開けを致しました。

フェンダーを取り付けてから、内側からボルトを通して外側をナットで留めて何とかリアボックスステーは取り付けて、リアボックスは取り付けられました。

サドルバックステー


サドルバックステー2


このサドルバックステーを取り付けるには、長いボルトを内側から通さなきゃいけないんだけど、長いボルトを通そうとするとタイヤに干渉して、電動ドリルで開けた穴にボルトが通らない・・・しかも、何とか通しても穴が若干斜めに空いてしまってたみたいで、ボルトが斜めに飛び出してくる(-_-;) 若干斜めに飛び出したボルトには、サドルバックステーが合わなくて取り付けられない悪循環(-_-;)



炎天下の元、ドリルで穴を修正し、ジャッキでフレームを持ち上げてから内側からボルトを通して何とかサドルバックステーを取り付けました(^.^)

サドルバックステー3


サドルバックステーがつけば、後はボックスを付けるだけ♪
サイドボックス


サイドボックス2


サイドボックス3

こんな感じでサイドボックスを取り付け完了(^.^)

それにしても、こんな炎天下の下で作業すると痩せるな・・・(-_-;)

これから箱根までバイクで走ってきまーす(^・^)ノ