1ce2b7bb.jpgサイドボックスがいまいちガッチリと取り付けられていなかったので、サドルバックサポートを購入し、これを利用してガッチリ取り付けてやろうと画策。・・・しかし、先日サドルバックサポートを取り付けようとした際に、トルクのかけ過ぎか何かでボルトが折れてしまいました(;-o-) 運が悪いのか、フレームのネジ穴にボルトが詰まったまま折れてしまいお手上げ(;¬_¬)
電動ドリルで軽く削ってみたけど、ネジ穴がやられてしまいそうなので、適度に削った所で終了(;-o-)
次の日に東急ハンズに行ったら、『折れ込みボルト抜き』なる道具を発見。折れたボルトの中心にドリルで穴をあけ、そこに逆刃のドリルの様なモノを打ち込みそれを回しながら、折れたボルトを抜くという優れモノ(・д・)
この道具を初めから知ってたら、折れたボルトをドリルで適当に削るなんて馬鹿な真似はしなかったのにな〜と思いつつも購入。帰宅してから、削ったボルトに合わせてみたら、削りすぎで折れ込みボルト抜きの太さより穴が広がっててスカスカ(;-o-)
愕然とし、その日は作業をせずに本日再度ドリルで穴を広げてやろうと作業再開。リアボックスも外して、リアフェンダーも外し、フル充電したドリルを太い刃をはめてガリガリと折れたボルトを削る。削る削る。
ネジ山が削れるのは覚悟してたのにミラクルな事に、ドリルが貫通した後にネジ山をみたら、ネジ山が普通に残ってる(・。・) 運良く、ボルトと同じサイズのドリル刃で削ってたみたいで、しかも折れたボルトの中心をドリルでブレずに貫通させたみたいで、ネジ山が綺麗に残っちゃいました(-з-)ノ
『天才だ!!』と自画自賛し、リアボックスを支えるステーとサドルバックサポートを装着♪
サイドボックスもステーをドリルを使って加工したら、前と見違える位しっかりと装着されちゃいました♪ もうチョイ、ステーを加工したかったけどドリルの充電切れで作業は終了。また後日、ステーは加工します。