男体山(なんたいさん)は、大己貴命(おおなむちのみこと)が祀(まつ)られ古(ふる)くから信仰の対象でした。大己貴命(おおなむちのみこと)は別名を大国主命(おおくにぬしのみこと)(だいこく様)といい、古事記(こじき)にも出てくる神様です。 天平神護2年(766年)この山に勝道上人(しょうどうしょうにん)が修行に訪れます。勝道上人(しょうどうしょうにん)は、神秘的で美しい山を見て、この山は神霊のいる山と信じ二荒山(ふたらさん)と名付けました。 二荒山(ふたらさん)は、補陀洛山(ふだらくさん)から取ったとされています。「西域記(さいいきき)」には「山頂に池あり、その水鏡にして大河を流出す」と書かれているといいます。男体山(なんたいさん)、中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)、大谷川(だいやがわ)を、それに見立てたと言われています。中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は人造湖を除く広さ4平方キロメートル以上の湖としては、日本一高い湖です。まさに西域記(さいいきき)にあるとおりの光景だったのでしょう。 その後、弘仁11年(820年)に弘法大師空海(こうぼうだいしくうかい)が入山(にゅうざん)し日光(にっこう)と改称したとされています。このときに反対もあったということですが、空海大師(くうかいだいし)は「二荒」を音読みにすると「にこう」と読めると半ば強引に改称したという話を聞いたことがあります。 空海大師(くうかいだいし)が、改称したのではなく「二荒」を「にこう」と音読みにする人が自然と多くなり、だんだん「にっこう」に変化し、それに「日光(にっこう)」という漢字を当てたという説もあるのですが、ちょっと無理があるような気がします。 江戸時代に入り日光(にっこう)街道がつくられ、日光(にっこう)という呼称が全国に広がり確定したと言われています。 私は空海大師(くうかいだいし)改称説を信じています。 それは、次のように推理できるからです。空海大師(くうかいだいし)は真言宗(しんごんしゅう)を日本に広めた僧です。真言宗(しんごんしゅう)は大日如来(だいにちにょらい)を本尊(ほんぞん)としています。「大日」とは「偉大なる太陽」の意味です。それを考えると、空海大師(くうかいだいし)は真言宗(しんごんしゅう)の布教のためにも、どうしても太陽のイメージを連想させる「日光(にっこう)」にしたかったのではないのでしょうか?また日光(にっこう)は山岳信仰(さんがくしんこう)の地でもありますが、山岳信仰(さんがくしんこう)は太陽信仰(たいようしんこう)と無縁ではありません。ご来光(らいこう)を山頂で迎えるというように密接な関係にあります。改称にたいする理由はいくらでも付けられるのではないのでしょうか? また山管蛇橋(やますげのじゃばし)(神橋)伝説も疑問に感じます。この橋の伝説には深沙大王(じんじゃだいおう)が出てきますが、仏教の中で深沙大王(じんじゃだいおう)はインドの神が仏教に帰依(きえ)したとされています。空海大師(くうかいだいし)の真言宗(しんごんしゅう)はインドの密教の流れを強く受けた仏教です。こんな所にも疑心暗鬼になってしまう私は疑り深い性格なのでしょう。
家康はなぜ神となったか?

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は神社ですから、祀(まつ)られている家康公(いえやすこう) は神様です。なぜ家康は神となったのでしょうか?

自己顕示欲なども合ったのかも知れませんが、遺言では「日光山に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること」と言っていた家康が自己顕示のために神になったとは考えにくいのです。余談ですが甲冑なども華美に走らず軽くて動きやすいものを好んだというのも家康の性格を物語っています。

真相は分かりませんが(当時の権力者の流行だったとか?)でも次のように考えると、納得が出来ます。

豊臣秀吉が慶長3年(1598年)に亡くなると、遺言によって遺体は東山の阿弥陀ヶ峰の山上に葬られ、豊国神社が麓に建てられ、秀吉は正一位と豊国大明神の神号を与えられ神とされていました。

家康は秀吉の神号を廃止し、豊国神社を取り壊しています。現在の建物は明治13年(1880年)に再建されたものです。神を滅するのは神でなくてはなりません。

自分を神とすることで、他の大名が徳川幕府に対して刃向かうことを阻止する目的もあったのかも知れません。

「東照」の本地仏は薬師如来(薬師瑠璃光如来)とされ東方浄瑠璃世界の教主であるとされていることから、日出ずる国日本の守り神となったは家康に刃向かえる人はいないでしょう。

抜粋先ページ【http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/4616/】

これから出かけます(^^♪