セイ生活

Records for myself. Will slowly fade away.

2013年03月

そーいえば、誕生日に嫁からもらったプレゼント。
GB-6900AA-A1JR (5)



続きを読む

Flangerで繋いで遊んだりするのもメインだったけど、iPhoneをDocomoの電波で使いたい。

今使ってる番号じゃなくてもいいなら、N-07Dでテザリングしてしまえば終了。
N-07Dの電波でiPhoneをWi-Fi接続して050+とか使えば、発着信端末として使える。

でも、それだと面白味がないのでこれ。
白はアクティベートカード。
赤はdocomoのXi契約のカード。
銀色とトレイとオレンジ色の基盤は下駄って呼ばれてる代物。
アクティベートカードと下駄を合わせても2000円程度。
DOCOMO (2)

下駄にDocomoのスマホから抜いたSIMカードを載せてiPhoneへ。
DOCOMO (3)

SIMを入れていない状態(アクティベートカードを抜いてるので)で、自宅のWi-Fiには繋がってる。
DOCOMO (4)

そこに、下駄+docomoのSIMをいれると暫くはこの表示。
圏外。そりゃそーだ。ソフトバンクのiPhoneだし。
DOCOMO (5)

で、1分程度、待ってこれ。
しっかりとNTTDOCOMOと、ドコモの電波を拾ってdocomoの番号での発着信ができる様になった。
DOCOMO (6)

SIMフリー端末の存在意義がなくなるよね。2000円でこれだと。

iPhoneを入手したらやってみたかったのが、ギターやベースをiPhoneに繋いでエフェクトして遊ぶ事。

Macに繋いでエフェクトをかけたり録ったりは学生時代の話。

「打ち込みが暫くは流行るけど、アナログな生音が最終的には一番心地がいい」

と謳ってた、HMVでジャケ買いではなく、CDを棚買いしていたあの外部講師は今頃何してるんだろ?

とか思い出しながら、選んだのは安価なFlangerの接続用コンバーター 。

きっとi-rigの方が有名なんだろうけど、iPhoneに繋ぐ程度ならFlangerで充分。

Flangerを選んで浮いた分で有料アプリのエフェクターを追加した方が楽しい。

そーいえば、Flangerってエフェクターが在ったけどどんな風に音が変わるかなんて忘れたな。
Flanger (3)





続きを読む

書いてもi-pod touch位で
Androidばっかり。

「i-phoneユーザーには全く興味がわかない」

なんて言われて、i-phoneを貸与されました。
そしてこのまま頂こう。
やつはi-phone持ってるし。

早速、デジカメ風のカバーを付けてみた。
i-phone4S

続きを読む

我が家で良くみかける、Amazonさんの箱。
デジタル水準器 (2)

たかはたもみじ灯路の時にデジタル水準器がないと嘆いたけど、そんな訳でポチっと病。



続きを読む

普通に使える様になって面白くなくなったMEO-T780A
ブルートゥースキーボードのTK-FBP018なんかを繋いで使おうかと思ったけど、いまいち相性が悪い。

そんな訳でポチっと病。

5000円程度のタブレットに使うキーボードなので激安な1280円のFS-UKB-A100をチョイス。
FS-UKB-A100 (0)



続きを読む

コンクリート塀の上を歩いたりしながら、江の島を眺める夕暮れ。
IMG_4681

こんな時間を過ごせると、また明日から頑張ろうかなーとか思うよね。

醤油らーめんが500円。
普通盛りが140gで大盛りは無料で280gなんて書いてあったけど、140gがどのくらいなのかピンとこないので普通盛りに。コストパフォーマンスはかなり良い。

でも、コストパフォーマンスなら豪徳寺満来の200円ラーメンを上回るラーメンには未だ出会ってない。

京王線のしがない駅の一つ柴崎。
そんな柴崎の商店街でもなく、少し外れた住宅街に現れる小さなラーメン店。

そんな場末なラーメン屋で500円なラーメンを啜ろうってところなので、瓶Beerでも頼もうかとおもったけど500円。

メインなラーメンが500円なのに、なんとなくつけようと思ったBeerが500円だとなんとなく無駄な気がしてしまう。

そんな訳で、ラーメンの相方に選んだのはミニチャーシュー玉子丼。300円。
柴崎亭


続きを読む

黒船




関連ランキング:ラーメン | 狛江駅喜多見駅和泉多摩川駅


新年早々、

「多いから小盛りにした方がいいよ。多いから小盛りにした方がいいよ。」

と、九官鳥の様に同じ事を何度も繰り返す酔っ払いやさぐれ氏と向かったのが、勘九郎。

『かんくろうってだいぶ前にいった事あるなー』

なんて思ってたら2008年の1月に行ってたみたい。
その時は何も惹かれる所がないラーメン屋さんだったはずなのに、入れ替わりの激しい吉祥寺のラーメン屋の中でも腰を据えた5年目の中堅ラーメン屋さんになってた。


もう要らないだろうって位呑んだのに、やさぐれ氏が余裕余裕とBeerとキャベツを頼んだ辺りまでは記憶がはっきりしてるけど・・・
1月カンクロウ (2)

続きを読む

↑このページのトップヘ