セイ生活

Records for myself. Will slowly fade away.

2005年04月

普通のリーマンの月収程度の税金の請求書が来た〜(・д・)グホー こんなん払うべきなんかな〜(・。・) あ〜、税金が安い国に行きたいなー。

image.jpg手もみラーメン十八番の外観はこんな感じです(・д・)

 

 

 

セイの評価:★★★

住所:東京都杉並区上荻1-4-10

電話:03-3393-3545

営業時間:

平日 18:00 〜 25:30
土曜 18:00 〜 25:30
日・祝 18:00 〜 25:30

定休日:無休

公式HP:

image.jpgPM23:00。腹が減り、ラーメンを食べたくったのでSTEEDを走らせ荻窪へ。荻窪といったら思い浮かぶのは『春木屋』。春木屋といっても、AKIRAにでてくる春木屋ではなく、有名ラーメン店。ちなみに春木屋は食べた事がない・・・。 しかしながら、この時間だとやってるラーメン屋は限られてくる。新宿『やすべえ』・駒沢『せたが屋』・チェーン店花月と思いつくが、どれも行ったことのある店。新規開拓を目論み、STEEDを荻窪へ走らせてる。少し肌寒いが、夜に走るバイクはなかなか心地よい。青梅街道を走ると『天沼八八幡通り』と書いてある商店街の看板が右手にあり、左手には24時間開いてるCOCO壱(カレー屋)がある。すぐ先に荻窪の駅前。駅前近くにSTEEDを停めて、ラーメン屋を探す。簡単に見つかるかと思いきや、どうやら駅から離れてるみたい・・(;-o-) しかしながら、世の中は便利。携帯があれば色々と簡単に調べられる。まずはjigブラウザを(←有料だから、無料のスコープを使うのも有り。)立ち上げて、『荻窪 手もみラーメン』でググる。何件もHIT住所が書いてありそうなサイトを見て、文章ビューに切り替え、住所をコピる。後は地図のサイトを開き、コピった住所を貼りつけて検索。出てきた地図を見ると、どうやら、青梅街道を新宿から走ると『天沼八八幡通り』とかいてある商店街の看板の交差点を左折するみたい。こりゃマイナーだ・・。駅から行くなら、青梅街道がある方の出口から線路沿いを新宿方面に五分くらい歩くと現われます。 時間も深夜なんですぐに入れるかと思いきや、行列(・д・)こんなボロい店なのに・・・。店に入り、『特製十八番』を注文。トクセイジュウハチバンと読むんだろうけど、トクセイオハコとか読むなら間違って頼むのも恥ずかしいので、常連っぽく『特製一つ(`∀´)』と頼んでみた。豚バラとネギをニンニクで炒めた具がのってるんだけど、ウマイ。二郎よりはあっさりだけど、油っぽいこってり加減。でも醤油がベースでギトギトともたれる感じじゃなくていい。麺は細めの縮れ麺。細麺なのに、また来たいと思ったくらいだから、けっこう好評価。ニラやメンマものってて、850円。夜中にくるにはいいかも。ラーメンと豚バラの炒めものを合体させたような味。豚バラが嫌いな人には微妙だけど・・・。しかも、スープが激しく熱くて冷めない。バイクで夜中に行くならお薦め。

セイの評価:★★★

住所:東京都杉並区上荻1-4-10

電話:03-3393-3545

営業時間:

平日 18:00 〜 25:30
土曜 18:00 〜 25:30
日・祝 18:00 〜 25:30

定休日:無休

公式HP:

image.jpg昼間に爆睡してしまい、夜中に『ドンドンドンドンッキー〜♪』にフラフラといっちゃいました。あんまり物欲が無く、気付いたらカゴの中にはトイレ用洗剤しか入ってなく、『これだけ買って帰ってもつまんないな〜』と思い、何か掘り出し物を探しました。 そんなセイのココロにヒットした商品が『コードレスアイロン』。コードレスなのに、なんと980円(・д・)ガビチョーン 安い。主婦ならビックリ。セイもビックリ。必要なのか必要じゃないのか、よくわかんないまま購入。これでパリッパリのYシャツで、仕事をこなすぜ(`∀´)イエーイ ←仕事は私服だから、スーツとか着ないけどね・・・。

image.jpg彼女が事故&風邪で寝込んでたので、一人で出掛けて一人ご飯。STEEDを走らせて気付いたら青山近辺。雑誌で見たことのある『麺屋大海』を発見したので入ってみました。場所は青山なのに、店内は方南町。そんな感じでさびれてました。やけに堂々としたオヤジと下っぱ二人が店員。この毅然とした態度は、さぞかし自信があるんだろうと思い、『つけ麺』を注文。セイ以外には、青山と言うよりは千歳烏山といった感じのおばさんが一人(;-o-) ん〜寂れてる。これはしくじったかなぁ〜と思いつつも待つ。 しばらくするとカウンターの目の前でつけ麺のつけダレが登場。見た目がいまいち(;-o-) 真っ白な安っぽい中華料理屋にありそうな器。(←本当は高かったりするのかもしれないけど・・・) 醤油に少しだけお湯を入れたような、イマイチそうなスープ。『まぁ、見た目だけだろ(・з・)』と思い込んでみて、麺が来るのを待つ。麺がでてきたら、麺はまぁまぁ。中太で、何か練り混んでありそうな感じの麺。早速スープにつけて食べてみる(・д・)フムフム やっぱりスープがいまいち。単調な深みのない味。セイはそんなに味覚はよくないけど、これは失格。せっかくの麺なのに、なんとなく惜しい。たぶん、つけ麺は美味しくないお店なんだろう・・・。また行く機会があったら、普通にラーメンを食べてみようと思う。・・また行く機会があったのなら・・・

 セイの評価:★

住所:東京都港区南青山3-13-20

電話:

営業時間:

定休日:

公式HP:

image.jpgほとんどの交通事故は、車(バイク)を運転する人の不注意でおこる。車(バイク)を運転するって事は、人の命を奪えるモノを運転するって事なんだから、しっかりした責任と自覚を持って運転して欲しい。 セイが忌み嫌うのは、まずはタクシー。タクシーの全部が全部そうな訳じゃないが、プロのくせに周りの運転者に気を使えない奴らが多い。いくら生活がかかってるからといって、ウインカーやハザードを出した後コンマ何秒で停車するのは辞めて欲しい。 もっと、周りには運転の下手な運転者がいたりするのに気を使ってほしい。タクシーに乗り込もうとする客ばかり探さずに、もう少し安全な運転をしてもらいたい。どの車線を走ってるのかわからない走りをするのも辞めてくれ。 後、横断歩道を渡らないじじいとばばあ。自分の身体能力を考えて、道路を渡りなよ。あんたらを弾いちゃったら、運転者の人生が台無しになっちゃうんだよ(・д・) 『おっ渡れるな』と脳からカラダに命令がいって、行動を起こすまで若者より何秒かは動きが鈍いんだから・・。若者なら、とっさによけたりできるししっかりとした判断を持って渡るんだろうけど、おばちゃんとかはかなりキビしい(;-o-) 余裕で停まれるけど、ひき殺したくなっちゃうじゃん(・з・)←オイッ まぁ、言ってみたけどどうでもいいんだけどね・・。そうそう、交通事故。今ニュースで話題の列車脱線もしかり、運転のプロとしての自覚がなさすぎ。 なんで交通事故の話かっていうと、セイの大切な彼女が交通事故にあったんだよ(・д・)家族で車に乗って右折しようと停車してたら、都営バスが突っ込んできて車が大破(;-o-) ありえない・・。バスって(;-o-) まぁ、車が大破してくれたおかげで怪我は大した事がなかったみたいだけど、もっと自覚を持って運転しようよ。 あと、せっかく車間距離を保ってるのに、ウィーンウィーンと甲高い音を出して調子に乗って擦り抜けようとするスクーター。擦り抜けはいいけど、危ない運転するのはやめてほしい。あんまりひどいと機嫌が悪セイは、ブルンブルン煽りながらそいつが凹んでスピード落とすまでつけまわすから(・з・) 写真は渋谷のお茶カフェのお茶(*^o^*)

「男と女の間に友情は成り立つか?」なんて話を聞くと若いなぁ〜と思う。男と女の間にだって友情は成り立つと思う。相手が自分のタイプじゃなかったら恋愛に発展しなくて友情になるとか、下心がないからこその友情だとかいうけど、歪んでる。まず言いたいのは、SEXした後でも友情は成り立つ。「男と女の間に友情は成り立つか?」なんて話をしてる奴は大抵、『SEXしたら友情じゃない』のを前提で話をしてる。それに、友情なんて、そんな話をしてる奴が思ってるほど永続的に続かない。友情なんて、悪く言ったら寂しいときの暇潰し。いずれ、離れ離れになって思い出に変わる。ただし、思い出の中でだって友情は友情なんだと思う。掛け替えの無い時間を共有し、共有した時間が人と人を繋ぐ。長さじゃなく、密度。濃い時間を共にすれば、より深く繋がっていく。思い出が絆を強くする。相手を知ろうとするからこそ、繋がりを持とうとする。『相手知るにはSEXしてしまうのが手っ取り早い』と誰かが言ってたけど、せの通りだと思う。何年もかかって築きあげた友情よりも、たった一回のSEXの相手の方親密になる事だってある。男と女なら、カラダを繋いで解り合うことだってできる。まぁ、その気があるなら男と男でもカラダを繋ぐ事もできるけど・・。 ただ、解ろうとしてカラダを繋いだのではなく、欲望に任せてカラダを繋いでしまうと、カラダの一部が萎縮してしまうのが如く解ろうとする気持ちも萎縮してしまう。カラダを繋ぐまでの過程が、ココロを繋いでいく。でも、ココロとカラダが繋がるとそれは友情ではなく愛情になってしまってう。でも、愛情だって友情の延長。人の心は移ろい愛情が冷めてしまう場合だってある。憎しみあってしまう場合もある。ココロが繋がりカラダも繋いだ者同士、濃い時間を共有する。愛情が冷めても友情が残る事だってあるハズ。ただ、その友情を邪魔するのが新しい愛情。新しい相手ができてしまうと、下心がない繋いでおきたいと思う友情なんかも、新しい相手が嫌悪し切り捨て欲しいと願う。新しい愛を尊重すれば、その友情は思い出の中へと葬られてゆく。「彼氏がいるから・・」「彼女がいるから・・」と異性と二人きりになることを拒んでいくのが正しいとされるこの世界。 だから「男と女の間に友情は成り立つか?」なんて話自体、歪んでる。男と男・女と女だって愛情になるパターンもあるし、SEXしても友情は芽生える事もある。友情は永続的に続かない。そんな想定外にされてる要素も考えたらたら、それは狭い世界観で極論を語り合うだけの無用な論争じゃない? 小学校のときに一緒に遊んでた異性はどう?れっきとした友達だったでしょ?それとも『それは今話してる話題とは別の話』と切り離してしまうの? SEXを知ってようが知らまいが、友情は築ける。だから『男と女に友情が成り立つか?』なんて話は青臭い話に聞こえるんだと思う。まぁ、酔った時に話し合うネタにするには面白いネタだとは思うけど、真剣に話合う価値はないな。

レンタルビデオは近所のビデオ屋で借りますが、浜田山のTSUTAYAには良く本を買いに行きます。たぶん、月に2万円位は本にお金を出してるんじゃないかなぁ〜(-_-;) 何をそんなに読んでるのかわからない位に、本を読んでます。前はBookoffなんかで出費を削減しようとして中古の本をかってたけど、Bookoffだと読みたい本が読みたい時になかったりして、結局は新刊を購入する羽目に・・。夜中まで空いてるし、あの広さが適度でいい。渋谷のブックファーストや新宿の紀伊国屋書店も行くけど、何フロアにもわかれてると1つのジャンルでしか本を探せなくてチョット不便。予め、欲しい本を探しに行くなら在庫も豊富でいいけどね。
色んな本を読んでるんで、とにかく面白そうのものなら何でもいいんで目に付いたのを買って読んでます。今も、STEEDでちょっくら行ってきました。
15分も店内にいなかったのに、4千円近く財布から無くなってしまいました・・・(ーー;) ん〜、なんか無駄な事してるような気が・・・。

image.jpgセイは彼女とバイトしてた時に知り合いました。そこのバイトの連中とは未だに仲よくやってるんだけど、♀友達が出来ちゃった婚、♂友達が出来ちゃった婚と立て続けに結婚話が出てきててビックリしてました。 ♀友達は最近疎遠だったから、そんなにビックリもしなかったけど、♂友達の結婚話にはビックリしてました(・д・) この♂友達の結婚話をまだみんなに秘密にしてる中、またまた別な友達の結婚話が浮上(;´Д`) 本当に結婚ラッシュだなぁ〜。。。

image.jpg先週行ったときの写真。いせやの前の坂道で撮ったけど、前を歩いてる人の『B』はブタのBかな?(・д・)ウヒョヒョ

↑このページのトップヘ