セイ生活

Records for myself. Will slowly fade away.

2004年10月

友達って何なんだろ? 友達になるきっかけなんて、学校でクラスが一緒だったり同じバイト先で出会ったり、そんな単純なきっかけ。同じ時間を一緒に過ごしてるだけ。気付けば疎遠になってたり、忘れてたり・・・。結局は皆、自分を優先していく。
家族の様な強い繋がりもないのに、同じ瞬間を依存し合っていく。時間が経てばその依存の矛先も他のモノに変わって、次から次へと変わっていく。
彼女や彼氏のように未来を誓う訳でもなく、今を一緒に過ごすだけの存在。これから先、思い出になり懐かしむ事はあっても、深い所へは一緒に行く事のない存在。
大切だと思うのに、一番蔑ろにしてしまう存在。歩んで行く道が違ってしまえば、また元の様に他人になってしまうようなはかない存在。
 必要な筈なのに、不要に思う今。
 何が変わってしまったんだろ? 愛すべき人の存在? やっぱり、そんなモノなのかな? いつでも、いつまでも待ってるよ。だって、友達だろ?

image.jpg権八に行った後に、六本木へ移動。相変わらずヘンテコな街だなぁ〜。最近ハマってる、喫茶店での時間潰し。スターバックスのソファーで、グデングデンして過ごしました(・ε・)ムヒョヒョ 『当店では、コーヒー本来の香りと味を味わって頂く為、全席禁煙と・・』なんて貼り紙がありましたが、例えばワキガな人とかがきたらど〜するの?とか、どーでもいいような事を考えたりもしてました。。。

image.jpgソバの何たるかをしらないから、どんなソバが美味しいのかなんてわかんないけど、食べてみて普通に美味しかったよ♪ ソバは行ったら頼むべし(・ε・)/ 一緒に行く友達なんかがソバアレルギーなら頼むべからず( `ー´)フムフム

image.jpg椎茸の肉詰めと鮭のハラスだったかなー? ねぎまなんかも注文。なんで串焼きって2本セットで注文しなきゃいけないお店が多いんだろ!?

image.jpgかなりの少量( ̄З ̄)ブー まぁまぁ、美味しかったからいいけど、大食いな外人さんには物足りないだろー(゜д゜)!!

image.jpgネットで調べてた時に『おいしい』と評されてた角煮。角煮通なセイからしたらイマイチでした(;-o-) 角煮に大事なのは、肉の固まりなのにトロトロととろけてしまいそうな感じ。箸で掴もうとした時に、まるで豆腐を掴む時ような繊細なタッチじゃないと掴めないような柔らかさが大事だと思う。ここの角煮は箸で普通に掴める所が、多少固めでした。しかも味付けが濃すぎかも(;-o-)

image.jpg日本の蔵の中のような感じなのかなー?雰囲気はなかなか良かったよ〜。外人さんが沢山居て、なんとなくノスタルジックな感じ。

image.jpg小泉首相がどっかのお偉いさんと来てニュースなんかにも出てたお店。西麻布交差点にある『権八』。首相クラスの要人がくるならさぞお高いかと思いきや、かなりリーズナブル。一般人が居酒屋に行くのと同じような値段で行けます。外装は日本の蔵っぽい感じで、内装も木造建築家屋(家屋というよりは、木造の校舎)な感じです。趣と解放感がありまあまあいいと思います。メニューは串焼きや手打ちのそばなんかがメインと行った感じです。平日の夜に行ったのに、すごい混んでました。たぶん、半分以上が日本人ではなく外人さんでした。この外人さん達は普段何してるんだろ?とか思いつつ、そんな外人さんとお酒を飲みながら英語で冗談を交えつつ笑い合ってるリーマンに感動。『あんたらスゴイよ』なんてね( ̄З ̄)。大学生の友達が留学してきた事を話してたけど、バックパッカーな高卒程度の人が話せる日常会話も話せずに、どこの国に、何しに留学に行ってたの?って思った事を思い出しつつ、こんなリーマン達が日本と海外を上手く繋いでくれてるのかと思ったら、なんとなく感謝な気分になりました。本当はどんな仕事してるのかわかんないけどね(笑)

セイと彼女は同じバイトをしてました。セイは夜中の六本木。彼女は夕方から。同じバイトでも交替の時間のほんの数分位しか言葉を交わしたりはしない仲でした。
そんなバイトで、セイと同じに夜中のバイトにIって言う大学生がいました。有名私大に通う○○ボーイ。端正な顔立ちで、明るく人付き合いが上手いタイプ。更にIの高校からの友達のM。大学も同じで、こっちも爽やかなジャニーズ顔。私大に行ってるだけで、育ちが違うような気もしてました。
 Mは典型的な坊っちゃんタイプで、お金が欲しいからバイトしてる訳じゃなく社会見学といった感じ。でも、性格はスネ夫みたいに鼻につく感じじゃなく、出来杉君並みに爽やか。今回はこのMの話じゃないので置いておきます。今回はI。Iは見た目はサーファー系なチャラ男。外見は遊んでそうだけど、実際は根が真面目(゜д゜)
 それで今回のもう一人の主役Rちゃん。美容師を目指す人懐っこい感じの子。
 バイトにもみんな慣れてきた頃に、Iから『バイトの子と付き合ってる』ってプチ衝撃な告白をされました。Iなんて、バイトの子なんかに手を出さなくても周りに沢山♀がいるような奴だったんで・・・。Iが最初に付き合ったのが、またまた別な♀の子。その子は高校生って言ってたけど、年齢詐称でバイトしてて本当は中3だったんだけどね・・(゜д゜) しばらくの間、Iはその子と付き合ってたけど親が登場して別れる羽目になったみたいです。Iはその子が中学生って判っても、歳なんか関係なく付き合っていくつもりだったみたいだけどね。その子と別れた後に、バイト同士の飲み会にRちゃんが来てIと付き合うようになっちゃってました(笑) Iとセイなんて、歳は一つしか変わらないのにIは若いな〜とか思いつつ過ごしてました。
 そのバイトをしてる頃のセイは付き合ってる彼女も居たし、バンドもやってて渋谷でバーテンのバイトも掛けもっててなかなか忙しく過ごしてました。こんな事を自分で言うのも何だけど、その頃のセイは入れ喰いをしてもいい位に♀チヤホヤされてました(^w^)プッ ←本当か!? でも、ヤンチャな時期は過ぎ歳の割に大人な考えを持ってた(←持ってるつもりだった)んで、火遊びみたいな事はしてませんでした。今までバイトをしてきて、同じバイトの子に告られて気まずい思いもしてきたから、せめてもと同じ時間帯で働く♀の子には彼女がいる事も強調してたし(自意識過剰?)、付き合ってた彼女と別れてからもチャラチャラ遊んでる発言をしてました。(実際には遊んでません。チャラチャラと何股もかけてる様な事はいってました。)カラダの関係なんかじゃなく、友達として続けばいいなぁ〜なんて願ってました。 実際に今、その頃の♀友達と友達としていられるのかと言ったら、疎遠な感じで微妙な気がしなくもないけど友達なんだと思ってます。一時の
感情でカラダを求めたり、恋愛感情を抱くよりもそうやって友達でいられればと強く思ってました。(じゃあ、今の彼女は?って聞かれるとうまく答えられないけどね・・)
 話はそれたけど、IとRちゃん。セイと今の彼女とWデートをしたりして、どっちも長く続くんだと思ってました。時が経ち、大学生のIより先にRちゃんが社会に出て、学生のIとすれ違う様になり好きだけど別れる道をRちゃんは選びました。Iは将来も見据えてたはずなのに、二人の間には見えない溝のようなモノが出来てたんだろうね。でも、二人は友達としてはずっと今まで続いてました。Iも社会に出て仕事に明け暮れる毎日を過ごし、セイとも疎遠になってました。Rちゃんと別れてから、何人目の彼女なのかわかんないけど、仕事場の子と付き合いだしてる事をRちゃんから聞きました。Rちゃんは、自分から振ったのにIの事をずっと引きずってて、なんとなくいじらしいようなもどかしいような感じでした。
でも最近、Rちゃんから夜中にメールが来てIが結婚を決めた事を聞きました。結婚を機に、IはRちゃんとの連絡を辞める事に決めたそうです。いくら別れた後に何もなくても、元カノと繋がってるのは結婚をする彼女が嫌がったからみたいだけどね。
 Iとは最近蜜に連絡を取り合ってないので、結婚するのかどうかも聞いてないけど、Iならいいパパになってくんだろ〜なって思います。Rちゃんは何となくIの事をずっと引きずってくような気がします。
未だにセイ達は続いてるから、他の人との未来なんて考えられないけど、同じ時間を過ごした友達にも色々な時が流れてるんだな〜って感慨に耽たりもしちゃったりもして(`∀´)アヒャヒャ
うまくまとめられないけど、みんな幸せになれよ〜!!(・ε・)/イエー

ここまでのブログのカテゴリ別け完了。

↑このページのトップヘ